Archive for the ‘diary’ Category

”ICE BOX”セルフライナーノーツ、IWASA the comolic編

in diary

セルフライナーノーツ2回目はベースのイワサです。

1.change
変拍子のフレーズが弾いてて楽しい!けどとにかくリズムがつかめなかった曲。もうほんと無理かと思ったけど、ちゃんと譜面でイメージするとわかるもんですね。おしえてくれたフジタさんとヤマシンさんありがとうございます。パっとできてた2人ほんと凄いっす。最初のAメロのフレーズが密かにお気に入りです。

2.ZUBORA
架空の街をイメージして弾きました。現実的であったりなかったりの。そのなかで昼になったり夜になったりの。(※バンドの意見ではなく個人の意見です)演奏的にはわりと難しかったです。練習の大切さが身にしみました。

3.calm down / slow down
「地に足ついてるようで急にフワッとする、そしてまた戻る」というイメージでやりました。なんでそのイメージなのかは自分でもわかりません。サビをフワッとできたと思うのでわりと満足してます。フジタさんは元々どんなベースをイメージしてたのか気になるとこです。

4.my generation fire star
珍しくベースのリフからスタート。弾いてても聴いてても楽しい曲。全パートいいフレーズやってる思います。まぁいろいろやってますが、サビでバーンとなるとこがなんだかんだで1番楽しいです。やっとここで低音出せますし。アウトロのユニゾンも楽しいですね。こういうのやっちゃうの楽しいですね。

5.thirsty
初めてソロを弾いた曲。方向性が定まらなかったけどボヘミアン・ラプソディを観て決まりました。「あんなギターが弾きたい!」その気持ちを胸に挑んだレコーディング。そこで言われた「もっとソロっぽく」。ソロっぽさとは…用意してきたフレーズは使えないのか…。とにかく弾きました。そこから何がどうなったのかは覚えてませんがこのソロわりと気に入ってます。もったいないので用意してきたフレーズも終盤に入れてあります。そんなベースソロです。それよりも3人のグルーブを楽しんでください。ドラムかっこいい!

6.tayutau
これはもうタイトル通りの演奏ができるかどうかが課題だった曲。前半の漂うような感じから後半で急激にファーとなっていくのが面白いです。表現力の乏しさが露呈しましたが伝わってると思います。現在、ライブはサポートの方にベースを弾いていただいてますが、この曲が1番どう弾いてるか気になるかもしれません。

7.100m
蜃気楼で歪んだ太陽が見えるような、暑くてジメッとした空気感をイメージして弾きました。おしゃれに映画で例えようかと思いましたが、なんにもでてきません。でもきっとそんなに最近のじゃない邦画。それはいいとして、歌も演奏も全編通していい緊張出てると思います。

8.UFO
一番好きな曲。この表現は多分違うとは思うのですがレトロ感が好きです。ただただUFOを見たことを綴ってる歌詞も好きです。なにより、サビのメロがいいですね。個人的にはサビの音数を減らせたことが嬉しいです。「未知との遭遇」の印象的なフレーズいれたりUFO要素足そうと思ってたのですが、結果的に今の形でよかったと思ってます。むしろ足そうとしてた意味がわからないっすね。

9.URARA
大好きなゾンビがでてくる曲。ゾンビはどんなジャンルとも相性がいいということでいろんなことやってます。そんな気持ちで弾いたわけではないですが、間奏後のベースでの輪唱が気に入ってます。あと、この曲のおかげてエフェクターを買うことを決意しました。踏むと気持ち上がりますね。

10.ジャンクメカ
なんか大学時代を思い出す曲。こういう思いっきり弾けるの好きでしたし、今でもやってて楽しいです。アウトロのユニゾンとか特に。

11.春の歌
序盤の弾き語り+ベースのところが今までやったことない構成だったのでいろいろ迷走した思い出。ふとレッチリを聴いて「これだ!」となり今にいたります。どう「これだ!」と思ったのかは今となってはわかりませんがその結果がこれです。そんな凝ったこと(?)もやってますが、1番好きなのはドラムも入ってきて3人合わさったとこですね。自分でいうのもあれですが、「これ!」ってなる瞬間です。そして、サビのメロめっちゃいいですね。エモい。

12.No Yes
すんなりいきました。これでしょって思うのをそのまま演奏してます。それがそのままはまる曲です。

よくわからないことも書いてるかもしれませんが、そういうことです。
きっとそう思ったんです。

次回のセルフライナーノーツはドラムのヤマシンさん。
お楽しみに!

イワサ

”ICE BOX”セルフライナーノーツ、フジタ編

in diary

セルフライナーノーツでも書いちゃおう。
まずわわたしフジタから。

1.change
この曲はアルバムの中で一番最後に出来た曲。アルバムの1曲目をどうしようか悩んでた時に、これだ!って思うものがなくて、よし作ってしまおう!って感じでぎりぎりで急遽作った曲。ちなみにセッションから始まった曲ですひたすらi will changeと繰り返す疾走感が売りですが、実際ひも解くとすごい曲です。中々こんなのすぐ作れませんよ。

2.ZUBORA
これは2年前くらいからネタはあったはず。(the)bedsで変拍子の曲を世に出すのは初めて。歌詞の内容は「夜って最高だよね、愛おしいよね」って曲。サビメロが中々決まらなかったんだけど爽やかなJpopに仕上げました。Cメロのギターソロみたいなとこは誰かに弾いてほしいです。歌の符割と演奏の拍子が変なので演奏できるようになるまで時間がかかったし。そもそもレコーディングで沢山盛り込んだので、正直再現は難しいと思う。

3.calm down / slow down
これはハタさんがいた※第三期の(the)bedsの頃からネタはあった曲。※”アルバムICE BOXに寄せて徒然”のブログ参照。当時ハタさんが「なんかシングルっぽい曲が欲しいな」って言ってきて、じゃあ作るかって作り始めた曲なので、そんな曲だけど、ハタさんが抜けることになって、途中で頓挫した曲。テンポ決めが大変だったけど、今がベスト。やっと完成しました。

4.my generation fire star
これはベースから始まる曲欲しいなと思っててベースのリフを元に作った曲。これもお気に入りです。ある程度曲作ってる人なら分かるかもしれないけど、速い曲って格好よく作るの難しいんですよね。これはかっこいいでしょ。サビの歌詞はリハでなんとなくmy generationって歌ってたのをそのままにしました。でもTHE WHOの名曲とかぶっちゃうから、丁度地球から火星が見れるタイミングがあったのでfire starをつけました。とりわけ意味はないです。イワサの声がついに入りました。史上初。

5.thirsty
これはですねえ。UHNELLYSというバンドに影響を受けた曲ですね。演奏のリズムに言葉をのっけるリズム感や言葉のセンスが抜群で、ライブもそうなんですが、すごいなーと思ってずっとファンとして見てて、俺もやってみてえ!って思って作り始めた曲です。気づいたらハードロックになってました。サビでthirsty threeって歌うんですけど、これは(the)beds3人のことです。言葉をリズム良く音の響きも含めて詰めなきゃいけないし、意味も大事にしたかったので歌詞作業は相当時間かかりました。ほんと気づいたらハードロックになってたんです。これでいけるって思いました。

6.tayutau
これはネタはcalm down/slow downを作ってた時期にあった気がします。ギターやコーラスのアレンジはレコーディングで完成しました。かなりお気に入りのギターアレンジです。ちょっとサイケで、最後広がりのある感じを意識してました。Bメロのコーラスはヤマシンが高いキーで頑張っています。曲が出来てからなんか海っぽいなと思ったので、海を題材にしたためました。

7.100m
これのネタもcalm downとかの時だったと思います。だってイントロのダーダッ!ってとこ一緒でしょ?なんかクイーンのWe Will Rock Youのリズムで曲作ったことないなあと思って作りだした記憶があります。短距離が苦手で嫌いな少年の歌です。ぼやいたり、あえて蔑んだりするのはいいけど、じゃあ代わりになんか面白いもん見せてみろよって曲です。ちなみにわたしも短距離苦手で大嫌い。

8.UFO
washing lifeを出した頃に、わたしの実兄である関谷謙太郎と(the)bedsでライブやってくれと東京のロックレディオマザー中村貴子さんに言われて、じゃあ何やるよ?ってなった時に、お互いの曲やるのは勿論だけど、どうせやるなら曲作ろうよってことで俺が持って行った曲。3人になってこれは勿体ないからライブでやってこうってなって今回晴れてアルバム入りしました。ちなみに曲構成は何も変わってません。アレンジだけ変えました。グルビーでファンキーです。当時働いてた場所のテラスで油売ってたらUFO見ちゃって、初めて見たもんだから、テンションあがってそのまま書きました。信じるとかそういう問題じゃないんです。

9.URARA
これは3人でまたやってこう!ってなって最初に出来た曲です。アルバムの考想はこの曲から始まってます。最初のギターリフが大好きです。ハードロックとかメタルのリフって格好いいよなって思ってて作っちゃった曲です。何気に(the)beds的には新しい風が吹いてる気がします。春はゾンビが起きてくるんですよね~。

10.ジャンクメカ
URARAの勢いで作った曲。URARAがシングルカットだとしたらカップリングがジャンクメカです。こいつらはコンビです。タイトルだけずっと決まらず、レコーディング終わりでやっと決まりました。ジャンクメカ!ジャンクメカて。すげーネーミングセンス。お祭り曲です。

11.春の歌
優しい気持ちや悲しい気持ちになって作りました。個人的にはこのアルバムの中で一番好きな曲です。これはすごい。名曲。

12.No Yes
リハスタやライブでURARAとかジャンクメカとか春の歌とかtayutauとかthirstyとかやってて、どんより、せわしない、ざわざわする雰囲気にバンドがなってたので、ちょっともちょっと軽いやつやろうぜえってギターリフもその場で弾いて、みんなそのままセッションであわせて一瞬で出来た曲です。コードがAから始まるミドルテンポの8ビートってほんと気持ちいいんですよね。セッションから始まった曲はNo Yesと1曲目のchangeかな。こういう曲はお家芸です。

こんなとこです。 まあセルフ褒めなんでね、気悪くしないでください。
全曲ドラマあるなあ。作ったばっかりだけど、もう作りたくなってきたなあ。
次回のセルフライナーノーツはついに登場IWASA the comolic編。パパの登場です。お楽しみに。

では
また
ふじた

アルバムICE BOXに寄せて徒然1

in diary

アルバムICE BOXを配信開始から20日が経ちました
皆さんに無事に届いていることを祈るばかりです
今回配信をメインにしたのは他でもない
もっと沢山の人に聴いてほしいからです

今までの(the)bedsは

刺さる人にだけ刺さってほしい
興味なければそれでよし

のスタンスでクールに決めちゃってきたんですが

今回の(the)bedsは

ロック好きな人全員集合!
もっと興味もってほしいぜ

というスタンスでアルバムを作りたかったんですよね
前作のwashing lifeから約5年ですが
washing lifeを作って結構満足してたんですよね
人に届いたかどうかは別として
やったーこんなアルバム出来たよ
っていう満足感が結構強かった
あの頃はサポートギターに宇宙遊泳というバンドのハタさんが加入していたこともあって
曲作りもアレンジも演奏に関しても
その頃やりたかったことをハタさんが汲み取ってくれてうまくハマったんですよね
それはそれは有意義な3年間だったんですよ
そんでこの先どうしようかなって考え始めてた頃に
ハタさんが音楽活動を休業することになって
(the)bedsが出した結論としては
今までの活動も踏まえてまた3人で作っていこうか
って感じになったんですよ

ちなみに
(the)bedsは15年の活動の中でですね
第一期 →フジタ、ヤマダ、ニシノ、アベ4人編成→ 廃盤アルバム「 going back home 」作成
第一期延長期→フジタ、ヤマダ、マツダ、コウヘイ4人編成
第二期(the)beds→フジタ、ヤマダ、イワサ3人編成→ 廃盤「 別に 」、販売中アルバム「 (the) 」作成
第三期(the)beds→フジタ、ヤマダ、イワサ、ハタ4人編成→ 販売中ミニアルバム「 washing life one 」「 washing life two 」作成
第四期(the)beds→フジタ、ヤマダ、イワサ、3人編成→ 今作「 ICE BOX 」作成

という感じで、メンバー変わるごとに音源作ってる感出てますねえ
ヤマダマンは最初からずっと一緒にやってますねえ

話戻すと
じゃあまた3人でやりましょうってことで
新たな気持ちと年齢も30歳になったってことで
20代と決着をつけたいような格好いい気持ちになっちゃってて
当時やりたかったことが今ならスーパー具現化出来そうだなと
そんな感じで曲作りを始めて出来たのが今作の
ICE BOX!! ICE BOX!! ICE BOX!! ICE BOX!!

なんです。
年々自分の曲作りが渋い大人な方向に進んでいってたのは気づいてたので、そこを一旦ストップしてしまおうと。
置いて来てた当初やりたかった感じに一旦ケリをつけようじゃないかと。
ということで作り始めたんですが、予想通り昔とは比べ物にならないほどスルスル出来たんですよね
実際期間としては5年ぶりなんですが、実質の期間で言えば過去最速で出来たと思います。
録音は早かったですが、その分ミックスは沢山時間をとりました
曲作りはなるべくシンプルに、コードは沢山使わない、を心がけて
良いロックアルバムが出来たと思います
力作です
是非聴いてほしいと共にライブを見にきてほしいものです。

では
また
ふじた

ICE BOX配信開始!

in diary

我々(the)bedsのNEWアルバムICE BOXが本日4/30より配信開始になりました。
これでやっと皆さんに聴いてもらえると共に、今まで(the)bedsを知らなかった沢山の音楽好きに聴いてほしいと思っています。今回は結構曲もシンプルに作り込みすぎないように作ったつもりです。
とにかく聴いてみて下さい。それがいいと思う。配信のダウンロードをしたことないという方もこれを機会に踏み出してほしいと思います。今回のアルバムを発売するまでに関わってくれた方々に感謝。その恩は人気が出ることによって返していくってことだよね。これからどんどん広めていきたいので皆様ご支援のほど何卒宜しくお願いします。

2019.4.30 release
(the)beds Full album
“ICE BOX”

1. change
2. ZUBORA
3. calm down / slowdown
4. my generation fire star
5. thirsty
6. tayutau
7. 100m
8. UFO
9. URARA
10. ジャンクメカ
11. 春の歌
12. No Yes

iTunes 、apple music、Spotify など各社から配信中です。
詳しくは、以下URLより。
http://linkco.re/Vu8Fnpnp

▼トレイラー動画公開中
http://youtu.be/j8D1rWuzCHc

撮影集合〜サナエ会

in diary

先日は撮影&打ち合わせということで久々にイワサも交えた3人で会うことが出来ました。
当初PVの本番の予定でしたがイメージが固まり切らなかったので、急遽別の映像作成に切り替えつつ、もう一度映像のeeteeさんと計画やイメージを練り直し。
映像も曲やレコーディングと一緒で納得出来ないものを出すわけにいかないので曲に対する細かい意思の疎通やイメージの共有がとても大事。
とは言え、他者の手が加わることによって自分達が作った曲が違う風に変化していくのも非常に面白いことだし、そもそも原曲をバンドに持っていった時点で、曲はわたしの元から巣立って行ってる感覚なので、どんどん成長していく過程を見るのが楽しくも、正すべきところは正すといった感覚でしょうか。
映像はあればいいってもんじゃないのでとても真剣な作業です。

久々に3人でも話すことが出来、今後の話や、サポートベースの進捗、どうしなければいけないか、などの突っ込んだ話をしましたが、中々ない良い機会でした。基本わたし達はあんまり話さないので、たまにはありです。
「バンドは音を出せばわかる」という誰かが言ったフレーズは、一理あるんだけれど、それだけではいけない場面も出てきますから笑。色々決めつつ解散。

そしてbedsを最近撮ってくれている佐藤早苗氏が写真家として独立することになり、それをお祝いする記念パーティーに遅れ馳せながら顔を出しに行きました。会場は渋谷のエッジエンドという老舗のDJバーで、会場入りした時には皆いい感じで出来上がっておりました。早苗氏を通してつながった人も多く、彼女の徳の深さは、写真の技術は勿論のこと、持ち前の直向きさや、忍耐力、人懐っこさから来ているんだろうなと同い年ながら尊敬しています。今回のイベントのコンポーザーでもあったYK氏にも感謝を。こういう会の幹事的立ち位置って大変なんですよね。ありがとうございました。

いい一日でした。
帰りに家系のラーメンを食べて帰ったのだけは、ちょっと失敗でしたね。

では
また
ふじた

バンプとはギターとは

in diary

昨日はバンプオブチキンのカバーナイトと橋本さんの横でギターを弾くという2ステージでのライブでした
そういうちょっと本筋とは少し離れたイレギュラーな活動は良い意味で力が入らないのでリラックスしてやれます
ギターだけ弾いてれば良くて、尚且つ橋本さんからは好きに弾いてくれと言われているのでストレス0%
バンプのカバーはナイフって曲をやりました
基本ずっとバンプの話とそれにまつわる中高時代の恥ずかしい身の上話などを交えてお送りしました
なんかこういう日に自分の曲やるのも違うかなと思い
もうちょいカバーのレパートリーを増やしておけばよかったか、勉強になりますた
橋本さんの方はちょっとギター音量大きかったな後ちょっとハイもきつかったみたい気をつけよう
どんなイベントでも勉強になるよね
見に来てくれた方々ありがとうございました。

次は4/26(金)の(the)beds supported by オクムラカナ
会場は渋谷LUSH
楽しみです。

では
また
ふじた

米とは

in diary

先日米を食べる会をチーナのリーダーと開催しまして
結果わたしはひたすら米を炊いてたんですが
炊飯器で炊くのは味気ないなあと思ったので自前の文化鍋で炊きましたが
美味しいと評判だったのでわたしは満足です
滋賀のみずかがみ、宮城のつや姫、新潟の新之助の3種類
わたしがもってったのは新潟の新ブランド米「新之助」でした
ちょうど前の賃貸の大家さんが米屋で
そこで当日に精米してもらったのを炊いたので鮮度が違うんですよね
気に入ったら今後是非買ってみてください。

ライブもやりました
リーダーとブービーという形で
はじめて二人でやってみたんですが
息が合いやすいので心地よくライブが出来ました
リーダーに米にまつわる曲出来ないかなって言われたので
そんなの超慣れてるわたしには楽勝な仕事でしたが
実際の本番ではアウトロで10秒くらい真白になりましたね
リーダーはコンポーザーの面もあるので何も言わずにギターアレンジもコーラスもやってくれます
ぶっちゃけわたし自身よりも信頼できる瞬間があります
感覚としては前の(the)bedsギターのハタさんに近いですね
頼りになる男です。

まあ今後リーダーとブービーでライブをまたやるかわかりませんが
米曲をリーダーと作ってて二人だと速効作れることが判明したので
なんか曲作ってもいいかもね
お互いやりたいカバーもやったりしても楽しいね
とりあえず6/13にミスチルのコピバンを一緒にやるのだけは決まってますw
まあリーダーとはよく呑むので
またなんか面白いこと思いついたらやってみようかと思います。

では
また
ふじた

花見とは

in diary

花見の季節ですね~
今年の東京の開花は早くて
3月の月末にはだいぶいい感じで咲いてましたね
わたしも近所を散歩してる時に見かけました
わたしは花見は寒くなくて夜からならあり派です

幼いころに親父に連れてってもらった悠久山の花見は楽しかった記憶があります
夜に家族で行きました
屋台が沢山出ていて
桜もライトアップされていて
綿あめやリンゴ飴を狙いつつ
夜に外で歩けるという子どもにとってはご褒美みたいな時間に胸を躍らせたものです
その嬉しかった記憶を超えられてないなあ

では
また
ふじた

(the)beds supported by オクムラカナを終えて

in diary

さてライブお疲れ様でした
(the)beds supported by オクムラカナのライブはいかがでしたでしょうか
3人でいけるところまでいけたかな
カナちゃんありがとう
これからも宜しくお願いします。

3/31(SUN)セットリスト
1,change
2,so far so cute
3,thirsty
4,ジャンクメカ
5,UFO
6,No Yes
7,鷲の歌

結構気合入ってたんだけど
やましんがかなりいい感じに引っ張ってくれたし
やましんとカナちゃんのリズム隊のドライブ感が良く出てた
ギターと歌はそこに乗っかってた感じ
終始途切れず最後まで気持ちのいい演奏ができたなと
たまには自分たちを褒めないとね
久々に見に来てくれた人達も沢山いたので
ホームなんだけど良い緊張感でライブが出来たと思います
見に来てくれた方々感謝してます
見てもらわないことにはライブをするバンドは生きていけないんだよね

次回のオクムラカナバージョンのライブは
4/26(金)@渋谷LUSH
21:30以降の出番
また違うセトリで一味違うライブしたい
是非遊びに来て下さい
宜しくお願いします!!

では
また
ふじた

ARK

in diary

「ARK」というサバイバルゲームというんでしょうか
これはテレビゲームです
最近仕事が終わってやることなければ帰宅して呑みながらやったりしています
いわゆる非現実世界を作るゲームなんですが
最初は裸一貫からのスタートなので
木を削ってわらを手に入れて服を作ったり
火をおこすために石を削ったり
とりあえず当面は草木に生えてる木の実を食べて生活するんです
他の生き物(ほぼ恐竜)も共生していて
中には襲ってくる恐竜もいるので武器も作ります。

ぶっちゃけ何にもなりませんが
楽しさだけ
楽しいことは世の中に沢山あるとは申せど
わたしの楽しみは大きく二つに分かれます。

<能動系の楽しみ>
・音楽を作ること
・歌うこと
・ギターを弾くこと
・バンド活動
・酒を飲む
・酒を飲みかわす
・居酒屋探索
・小旅行(群馬、秩父、長野など)

<受動系の楽しみ>
・居酒屋の大将又は女将の話を聞く
・居酒屋の
・人の音楽を聴く
・YOUTUBEを見る
・ラジオを聴く
・テレビ見る
・映画観る
・ライブや芝居の観覧

これはインプット、アウトプットの話ではないです
酒を飲みかわすことは場合によっちゃ受動的な場合もありますよね
所謂会社での付き合い飲み、ライブでの打ち上げ等
楽しい時と楽しくない時にはっきり分かれますよね
ゲームはというと能動系の楽しみでしょうか
与えられた条件(プログラム)の中で自ら考えて動いていくので能動性があります
でもなにかひっかかるんですよ
多分それはわたしにとって身にならないという点でしょうか
例えばサッカーゲームで「今日は最強モードで10対0で勝つぞ」と意気込んで成果を上げたとしても
わたしには何も残らないんですよね
あくまでわたしにはですよ?
こういう話すると
いやただ楽しいからゲームやってるでいいじゃない
つくづくそう思います

bedsや藤田と鹿川の音源作成が一旦終わったので
次のことは少し置いといて
たまにはぼけっとゲームも楽しいもんです
ただそのARKってゲームで恐竜に襲われてすぐ死んじゃうので
ちょっと投げだしたい気持ちになってきました
そもそも飽き性且つゲーム下手なんですよね
はまらない理由にのひとつ

では
また
ふじた

© 2019 (the)beds official website