貴ちゃんナイトvol.6に出演決定。その心は。

in diary, 未分類

すごいイベントに出演することになった。
ミュージックスクエア (NHK-FM) 、モザイクナイト(bayfm)等で人気のラジオパーソナリティ 
中村貴子さん主催のライブイベント「貴ちゃんナイト」である。

中村貴子さんとの出会いはまだ俺が地元の新潟で兄貴と二段ベットで寝ていた頃まで遡ること10年以上前の話。
ラジカセに録音用TDKのテープをセットし、部屋で兄弟そろって聴いてたラジオ番組「ミュージックスクエア」そのMCを担当されていたのが「中村貴子」さんである。
中村貴子さんは俺にとっては日本のロック音楽を沢山教えてくれた方というか、ロックの母というかね。
よくよく思えばこの道に入ることになったきっかけをくれた方と言っても過言じゃないかもなあ。
それまでロックのロの字も知らない、わんぱく且つスポーツ大好き、あまりご飯を多く食べれない、チビッ子だった俺。
そんな俺はロックに目覚め、沢山CDを買い、ギターを始め、前髪を伸ばし、歌を始め、休み時間はMDを聴き、大学に入り念願の軽音サークルに入り、バンドを組み、
立派なロックジャンキーへと育てたロックンロールマザー、中村貴子さんのイベント。

まあまさか本人に会えるとは思ってなかったからね。
会えただけで俺ロック好きで良かったわ~東京さ出てきてよかっただ~、な気持ちだったから。

まあまさかその方のイベントにバンドで出演出来る日がくるとは思ってなかったからね。しかも兄弟で。
あ、兄貴ってのは関谷謙太郎のことね。ずばり関谷謙太郎と(the)bedsボーカルの私フジタは実の兄弟なのね。名字違うけど。
まあ次男の俺が母方の家の跡取り息子として養子に入ったということなんだけど。
うちのオカンが一人っ子なのに関谷家に嫁に行っちゃったもんだから、誰が母方の家を継ぐんだ!ってなった時に、
なら関谷の次男を差し出せい!的な。てのは半分冗談で、実際は親父に「こういうことなんだけど、どうだ?」って言われて、「OK!継ぎます!OK!」みたいな感じだったんだけどね。
それが2010年なので4年前の話かな。
まあ知りたい人はこの記事読んでもらえればいいと思う。
まあ俺ら兄弟が仲が良い、仲が悪いという話はまた別の話なんだね笑。
そんなんどっちでもいいわ!って?

6/14は「関谷謙太郎+(the)beds」としてステージに立つわけだが、先日初練習を終えたばかり。
久々にバンドの中で歌う謙太郎はとりあえず楽しそうだった笑。
謙太郎の新曲をセッションしつつ、骨組みは出来たんじゃないかと。
(the)bedsのイワサ、ヤマダ共に新鮮そうにリズムを楽しんでるようだったし、
謙太郎も「それそれ!」と飲み込みの早いリズム隊に楽しんでた模様。
俺はというと、自分と違うコード、メロディーの回し方に、ギターをその場で全部つけれなかったので宿題にさしてもらった。
頭では弾けてるんだけどな、と言い訳も交えつつ、
練習の半分はギャグで作ったスーパーギターリフに沿ってセッションし、皆でガハガハ笑って終了。

これからどんなものに仕上がるかはまだわからんけど、良い初日だったかと。

とにかく6/14は楽しみ。
共演させて頂く、中村一義さん(w/ 町田昌弘)、カーネーションさん。

発表された今でも半信半疑なんだけど。
全てが夢のような気がしてならないけど、まだ夢の中かもしれないので油断は禁物だ。
フジタよ!
まずは起きろ!
そして歯を磨け!
書をすてよ!
町へでよう!
そのまま仕事場に行け!
仕事で使う資料は持っていけ!

おは
よう
ふじた


© 2017 (the)beds official website