ガンタンタタン

in diary

気温も下がらぬまま9月になった。
秋なのか夏なのかと問われたらまだ夏な人が多いだろう。
夏の終わり。
昨日は仕事後、自分が師のように慕っていた先輩の送別会だった。
前二日間の深酒のせいで身体が悲鳴をあげていたのでビール二杯で自重。
まあこれからもお世話になっていくだろうから悲しくはない手前。
彼には語り尽くせない程世話になってるから、「お疲れ様でした」と深々と頭を下げといた。他に言葉は見つからノー。
っした!
では
また
ふじ

© 2017 (the)beds official website