不眠

in diary

なんか今日は朝まで寝れなかったから少し寝不足。考えごとばかりしてた。途中で実家に電話してない!と思って朝っぱらから電話をしたらおかんがでた。
三人でご飯を食べてるようだった。
まだ太陽が昇りきらない冷えきった朝食時に窓から見える雪を見て、「まじさみい…きもちわりい」とぼやいて味噌汁とご飯をなんとか流し込んでる風景に僕も5年前はいた。ベッドで寝れずにしてない電話を思い出し、忙しいであろう朝っぱらから実家に電話している自分を5年前には想像だにしていない。
ちなみに今山手線で隣に座っている若くて少し派手目の格好をした女性が大音量でボウイを聴いている。
昨日は東京のパパというには少し若い気もするが、そのような人にに呑みにつれていってもらった。彼は無条件に良くしてくれる。
「お前どこで発散してんの?」と言われる。
その答えは不明。言葉にしてみてもなんだかよくわからない。
でも多分達成感が必要だ。
では
また
関谷

© 2017 (the)beds official website