最近のワタクシ

in diary

091108_0030~01001.jpg
今晩はー関谷です。
今日は自分の思うことをやんわり書きたいと思う。
ここ1週間くらいで色んな人に会ったりゆっくり考える時間があったりしたので総まとめ、というよりも感じたことをたまには記してみたいと思う。
基本的に不安定で刺激的な生活を送っているワタクシ。それは金銭的によるところはあるし、時間も不規則、そして毎日沢山の人に出会うということ。だから逆に常に一緒にいる人というのは仕事場の人間だったりするわけで、でもそれはあくまでも仕事中なわけで、プライベートな時間というのは大概1人でいることが多くなった。恋人もいない。
大学の頃は常に、誰かといた。寂しいし暇だったから。
それもどんどん無くなって、人一倍仲の良かった友人も実家に帰ったり、大事な人が出来たり、時間が合わなくなったりと様々だが、「仕方のないこと」と思えばなんとなくやり過ごせるし、とにかく忙しいし、そわそわするし、そこまで気が回らないというのが正直なところ。
それでもたまに、仲間達に会うと、なんだか不思議な気持ちになる。
今はなんなのか、前はなんだったのか。うーんやっぱり楽しい、あれれなんだかおかしい。変わってないな、変わったな、等々なんだかごちゃ混ぜな気分になる。
それは埋めたはずのタイムカプセルの蓋を開けて、今浴びてる日光とか風とか雨の中に晒して、色が滲んだり、光って見えたりして、また蓋を閉めて、次開けた時は前とは違ってて、みたいなことを繰り返してる感じ。どんどん思い出が思い出じゃなくなる感じがしているのです。
~~~~~~~~~~
2009/11/07(SAT)
「えれきほたると歩く1日」
11/7(土)はいつも一緒に過ごさない面々だが僕がサポートでギターを弾いている「えれきほたる」のお二人と丸一日一緒にいた。練習の後にご飯食べたり、我が家に招いたり、後輩のライブを観に行ったり、またご飯食べたり、お茶したりと、なかなかない1日を過ごした。
その時間はなんだか僕を新しい気持ちにさせてくれた。二人ともありがとう。「不思議なメンツだ」と頷いていたが、僕は不思議な気持ちにはあまりならず、新しい気持ちで胸が一杯な1日だった。王将もそれを手伝った。イタトマのケーキは可もなく不可もないね。
では
また
関谷
~~~~~~~~~~日々何かを思って生きているつもりなのだが、考えたことはその都度メモに残しておいた方がいいというくらい、自分の思ったことを忘れてしまう。僕の頭のHDは煙で一杯でそのような外付けがないと最早記憶不可能。というか不能。
バンドにおいてもメモは大事だな。後予定。かつかつなのか、なんなのか。準備期間というものはなくなったと思う。日々実践になってしまう。
今はとにかく自分にとって新しいことをしなくては駄目になる。自分のためだと思えば全ー部頑張れる。
全部が自分のためになってるわけじゃないんだろうけど、そうやっていないと生きられない。全部自分で飲み込みたいのです。だからたまに下痢します。
最近はそんなことを思っていました。
じゃあ歌詞書きましょう。
では
また
関谷

© 2017 (the)beds official website