黄金の蜜芋

in diary

今僕が一番手に入れたいものはタイトルのそれだ。
黄金の蜜芋。
絶対美味しいんだ。
おそらく今まで食べたことないくらい最高に美味しいんだ。
黄金の蜜芋を食わずして、この2009の秋は終われない。
と勝手に思い込むにまで僕の夢は膨らんでいる。
さあ今すぐ黄金の蜜芋をカートへ放り込むんだ!
僕の右手は震えっぱなし。
待て!給料日まで待て!体調が万全になるのを待つのだ!
そうすれば楽しく、そして美味しく黄金の蜜芋との時間を過ごせるではないか!早まるな!
うむ。
わかった!!!!
では
また
関谷

© 2017 (the)beds official website