帰省2

in diary

帰省最終日は、朝から大雨だったので昼まで寝て、免許の更新をしに免許センターまで車を走らせるとこから始まる。
意外と早く終わり、三時間程度で終了。新しい免許には偽造防止用にICチップが施されており、なんだか分厚い。そして写真はやはり変だ。何故か少し斜めを向いている。
その後はお土産を買いに岩塚製菓の生産工場に赴き、激安の直売お煎餅達を買う。何故か枝豆が売っていたのだが、スルーしお煎餅達を選ぶ。後で婆やから聞いたところ、そこの枝豆はお煎餅より美味しいんだとか。。
その後もなんとなく車を走らせ、親父の生家跡地に赴いた。茅葺き屋根の家は俺が大学生の時に暴風雨により、壊れてしまったのだ。だから跡地。ミョウガを取りに山に出かけ、ケンジ君と二人でミョウガを沢山とる。ちなみに婆やはミョウガをミョウゴと発音するが、地方ならではの呼び方か否かは定かではない。ミョウガはつまみにもなり薬味にもなる最高の山菜だ。
一頻り自然を堪能した後は家に帰り、俺と婆やとケンジ君の三人での夕食。両親は2DAYSで花火に行くと、夕飯前に出かけていった。
夕食の後、さりげなく親父から桟敷の券を渡されていたので、最後に挨拶をとチャリを漕いで祭り会場まで足を運ぶ。息を切らし桟敷席に着くと、親父はまた寝ていた。酔うと寝てしまう酒癖は親父から受け継いだのだ。
しかし桟敷からみる花火は絶景だった。両親のお仲間のオーディオ&ビートルズおたくおじさんもいたのだが、アルバムを作れ!と言われる。作ってます。。
結局二回目の四尺玉を拝むことなく、その場を立ち去り、実家に帰ってお仏壇に参って臨時電車の『四尺たま号』に乗る。めちゃくちゃ空いてましたけど。
今はもう帰りのバスの中。
鋭気は十分養えたかな。体重は1kg増えました。もりもり。
先ほどパーキングで、トッキッキと名のつくお揃い携帯ストラップを発見。かなりサイバーです。
では
また
関谷

© 2017 (the)beds official website