妹よ~側にいて~

in diary

090321_1932~01.jpg
うちの妹とその友達が東京に遊びにきたので、焼き肉を食べに連れていきました。
久々に色々話したけど、少しずつ大人になってんだなーとしみじみ思いながら酒を呑みました。そんで俺は酔っ払っちゃってかなり元気良かったんですが、、逆に迷惑かけたかな。。
妹はなかなか自分のことを話しません。ていうか聞かないと話してくれません。おそらく恥ずかしいのでしょう。いつのまにやら人見知りになっていて、なんでなんだろう、ふと考えたりします。男の子の話には長男が黙っていないので、俺はそれを煽ったり、どちらかに同調したりする役目。
そんな妹ももう二十歳。夢を追いかけ日々勤しむ上二人とは違い、1人全うな道を歩もうとしている妹にも、あの子らしい考えがあるのでしょう。
妹よーどうか幸せであれ、そしてなんとなくすまんと願い、ウヤムやに謝るは私、次男坊のタカノブ。
いずれ兄弟三人でゆっくり酒を交わしたいものだ。また遊びに来なさいな。
写真は一応許可とってのせてます。もし悪用したら容赦なくタコ殴りだぞ!
ではまた
関谷

© 2018 (the)beds official website