帰ってます1

in diary

090205_1328~01001.jpg
駅まで歩いてる途中に渡りました信濃川の写メ。
久々の故郷は思った程寒くないというよりも1番暖かいであろう2時頃を狙って帰ったからそんなに寒くない。東京の夜の気温とほぼ同じくらいか。
バスの中では前日寝ずの準備だったのでずっと寝ていた。この時期はガラガラで、俺は二席丸々座れた。
しかし、どうも温泉旅行に行くらしい若者達(自分よりも)の団体が、路線バスを貸し切っているかのような振る舞いを見せ、なかなか眠れずにイラッとしたがさすがに眠気には勝てなかったらしい。危なかった…
しかし少し羨ましくもあった。とんと大人数で旅行をしていない。まあ大学時代の旅行なんてサークルの合宿くらいしかなかったが、楽しかった思い出がある。
信濃川をかける橋を渡り、延々と続く直線の道路を歩いている時に、悪のりをした4人が未だ見ぬ駅を求め、思い荷物を抱え走る姿が、今でも眼に焼き付いていたようだ。確かこんな道路だったな。ていうか一直線に延びてただけか。バスの中の団体のせいに違いない。
雪はちらほらだ。積もってはいない。
今は小千谷駅というところで電車を待っているのだが、何故か哀しい音楽が流れている。
ライブの前日には帰りますよ。でも四連休なんて初めてとってみたっす。ドキドキっす。帰ったら山積みにしてきた仕事君達が更に山積みに。。
でも正月休みとは違い、着更着の季節ということで街も落ち着いている。この季節に帰って良かったと思う。
まあとにかく暇ではあると思うのでこの三日間に限りハイパーでパワフルなブログの更新をする予定。
ハイパーでパワフル!
ではまた
関谷

© 2017 (the)beds official website