お前らの命はもって来年の3月まで

in diary

って言ってる人を池袋でみかけた。誰に言ってるわけでもなくぶつぶつと唱えるようにそのようなことを口走っていたんだが、もし日本に住む人が全員来年の3月までの命だったら俺はどうすんだろうって思った。
来年の3月っつーことは後3ヶ月くらいか。
最初は仕事あんましないで、友達とか家族とかと会って過ごそうと思ったが、会いにいくにも旅費やら呑み代やらお土産代やらコーヒー代やら嵩みまくって、結局仕事しなきゃ金なくなっちゃってなんも出来ねえな。
なら仕事しよう。
そうなるとあんま今の生活と変わらねえな。
ならやってみたかったけど、出来なかったことしよう。
先ずは上野動物園に住む全動物達をこっそり逃がそう。
駅の改札でライオンがうろうろして皆さん大騒ぎ、電信柱にオオワシが止まって皆さんもカラスも大騒ぎ。
多摩川にカバ、クロコダイルがいて皆さんもタマチャンも大騒ぎ。
雪印のどでかい冷凍庫にシロクマが入り込んで皆さんも雪印の社員も大騒ぎ。
でも動物は死ぬかどうかわかんねえしな、射殺されたら切ないし。もしかしたら人間だけにかかるウイルスとかかもしんないしね。
後は、特にないな。たまたまポールウェラーのライブが日本であって勝手にそのオープニングを務めさせていただくくらいか。
まあ両方至難の技だな。
後3ヶ月。。
Gokuri。。
ではまた
関谷

© 2017 (the)beds official website