ごみ星人現る

in diary

ごみ星人とは。
ごみ星人は基本ごみ星に住んでおり、めったなことがない限り、他の惑星には顔を出さない。
ごみ星人の特徴として、姿形は人間と全く変わらないのだが、両手にゴミを抱えていることが最大の特徴であり、そのゴミをごみ星人はブンブン回して、交友を図ったり、普通に威嚇や、武器として活用する。一度投げてしまったゴミは大概自分で取りに行くが、人に投げつけた場合は『返してほしい』と交渉に入る、横暴さと知性を兼ね備えた生き物である。
ごみ星では年に一度ゴミの収穫を祝う、『ゴミウィン』という仮想パーティーが催されることになっている。星のキッズ達は、思い思いのゴミ袋をかぶって、『ゴミちょうだい』『ゴミックオアゴミート』などと口走り、夜を明かす。はずなのだ。
しかしその宴ももう後十分もすればゴミと共に焼却される。もう一度投げてしまったものは後は燃えて灰になるのを待つのみで、二度と同じ形で自分の手には戻らないのである。
ブンブンブン♪ゴミが飛ぶ。お池の周りにお花が咲いても、ブンブンブン♪ゴミが飛ぶ
そんな星、ごみ星。
お次は、移動大会の是非について
ではまた
関谷

© 2020 (the)beds official website