京都boys、若しくは、芸者girls~(the)bedsライブ編

in diary

どーも(the)bedsでボーカルやったりギター弾いたりしてます関谷どす。皆様ご機嫌よろしおすか?
いやあ夢のような2日間を振り返りながら京都を後にしとります。そうですバスの中です。みっちり電池が、気力が切れる前にさらっと書き上げたいと思います。すごい2日間でございました。
仕事が終わって定時であがり、大荷物で(と言っても東京でのライブの時と同じ荷物)いざ新宿へ。前回はその時点で道に迷ったが、今回は極々自然にバスに乗れた。奇跡。まあ二回目だし、教訓がね。。
二回目のパーキングで携帯をトイレの中に落とし(使用前のトイレとは言えトイレ)、携帯が壊れる。
ここは流石の関谷さん。そう、そんな順調に行くわけないんです。
そして寝ようと思っていたが、携帯が直るんじゃないかという希望を持って、唯一寝れる貴重な6時間を、携帯をこねて過ごす。こねくりまわして過ごす。
そして最悪なコンディションで京都に到着。とりあえず携帯がないので、頭をフル回転すること二時間。ライブをするCOCONIのある木屋町へ向かうことにした。
そして満喫を発見し、唯一休める時間を無料動画サイトを見てソフトクリーム食べてお茶飲んで過ごす。アホや、なんてアホなんだろう。


全バンドいいライブするもんだから、直前でセットリストの一曲目をかえ、一番自信のある曲を一曲目にやることにしたのさ。ほんとに変えて良かったね。お二人さん。
10/5セっトリすと
1鷲の歌
2ライオン
3作戦
4スナメリラブ
5PaPaPa
ライブはメンバーが絶賛するほど、今までの三年弱の活動の中で一番のライブが出来たと思います。終わった後三十分くらい体が動かなかったのは初めてー。やっとビールが呑める。反応は十分返ってきてたから良しとしよう。
そして打ち上げ、完全に野に放たれた関谷は沢山の知らない人と絡んだ。ココニの店員さんとしゃべってたのだが、ライブは週末のみで、普段はバー営業らしい。みんな綺麗だしいい人だった。一次会を快適に軽快に過ごし、全バンドと熱い再会の握手をして別れた。ちなみにシェムリアップのボーカル村上君はウエノコウジに顔が似すぎてて厚かましくも写真を撮ってもらった。みんなかっこよかったです。
二次会はパンタブラウンの宙の自宅でパンタ三人と、関谷で行われた。
兎に角パンタブラウンには感謝感謝です。そして企画の大成功おめでとう。また一緒にやりましょう。
ではまた
関谷

© 2020 (the)beds official website