どぶろく

in diary

今日は休みでしたが、後輩が画の個展をやっているというので遊びに行き、その後、前々から約束していた先輩方と呑みに行きました。おごってもらえたので嬉しいです。
そこでどぶろくという言わば濁り酒を呑んだのですが、そのお酒が抜けずになかなか寝付けません。
もう8時なのに。
最近の願望を箇条書きにして書きます
●兄と飯を食いたい
●美味しいパスタが食べたい
●美味しい白身魚の塩焼きが食べたい
●ゆっくりしたい
●鍋やりたい
●焼き肉食いたい
●彼女と元気に遊びたい
●バンドで歌いたい
●色んな種類のお酒を家に置きたい
●強靱な体力が欲しい
●強靱な鋼の鎧が欲しい
●自分のリュックが欲しい
●新しいGパンが欲しい
●お弁当を持ってピクニックに行きたい
●出来れば家に帰ってしゃべりたくない
●美味しい釜たまうどんが食べたい
これくらいでしょうかね。
なんなら、ベースの岩佐君のことを勝手に書こう。
岩佐は僕の二つ年下で、まだ大学生。チュッパチャプスがよく似合う風貌をしている。基本、音楽に対しては一生懸命だが、ブログに対しては消極的であまり書こうとしない。だからたまに『書けこら』と発破をかけると渋々書いている。今回のもそう。基本飄々としていて、謎の軽やかさを持っている。
後は、遊ぶことが大好きなようで、よく『サークルの友人達とどこどこに行ってきました(楽しそうに、笑顔で)』とか『旅行行くんでこの日は無理です!(残念そうにしつつも、内心ワクワクして)』とか言う、遊びに忙しい奴だ。
次いでにドラムのスティーブン山田バーグについても勝手にレビューを。
メンバーで飯を食う際に、ラーメンのスープにさも当然であるかのように、『これで間違いない』みたいな感じで軽やかに飄々と、酢を入れたりするのだが、たまに『入れすぎた!』とか言って失敗しているのが面白い。
後は、ライブでも楽屋などで平気で寝てしまうところが玉に瑕だ。
ちなみに私関谷は、『みんなでする鍋』とか『飯盒で炊いた白米』とか『母親が作った玉子焼き』とか『公園のベンチで珈琲』『店内の片隅に置かれている豚の置物』などといった、雰囲気ものに非常に弱い。勝手に色々なことに価値を見いだすのが得意である反面、騙されやすいとも言えよう。
ではまた
関谷

© 2017 (the)beds official website