来迎寺(らいこうじ)

in diary

かんとりろ~このみぃち~じゅっと~ゆけば~このまちぃに~つづいてる~きがすぅる~かんとりろ~
どうも田舎に帰っています関谷です。本日は朝4時に小千谷に着き5時に就寝。朝7時に起床し、みんなと朝食。その後は久々の車に乗り、河川敷へ、釣りしてるおじさん達を見ながらぼーっとし、家に帰り寝る。
パイレーツオブカリビアンを題材にそのようなリズムのいいネタをギター二本で遊ぶ。
夜は地元の小さな夏祭りに行き、堪能。しかし夕飯は豪華だった。程よく酔っ払った。
そして親友が仕事終わりに家に来て久々の再開。夏祭りでお土産に買ってきた大好きなたい焼きを3つ食べる。
そして風呂に入り、湯上がりにビールを一本あけ、ゆっくりと床についたところである。
虫の鳴き声が外から聞こえ、旅館にいるような気分でブログを書いております。布団がフカフカです。
明日は街へ出よう。今日はゆっくりと過ごせた。
何も考えたくない。ただ早起きをして美味い朝飯を食べたい。
東京とは何なのだろう。身をおいているだけか。東京にいる意味とは何なのだろう。今は見出しようがない。
しかし、今ここに一生いたいかと言われればそうでもない。ここは居心地が良すぎてアホになる。東京に戻れば居心地の悪さに落胆するのは必至。
5年ほど宿を借りている。借りているだけ。
明日も車に乗ろうと思う。
ではまた
関谷

One Response

  1. ウエノケンジ より:

    なぜだか心に染みる内容でした。御馳走様

© 2018 (the)beds official website