爪楊枝と炒飯

in diary

いやいや前号でのお馬鹿な感情的発言をお許しくださいの関谷です。ただ警察もご苦労様といった感じです。知り合いに警察官がいるので心境は複雑ですがね。ただそいつらをこれからも一人一人逮捕していくんでしょうか。
ふー昨日ついについに『コーヒー&シガレッツ』という映画をついに見ることが出来ました。
見たいと言い続けて早3年くらい経つのでしょうか。2年はたってる。俺が行き続けているレンタルビデオ屋ではいつも借りられててですね。ついに先週借りることが出来てですね。見たんですけれど。とてもシュールな映画でしたね。自分は好きですが、ただ最近あーいう感覚を忘れていたので、もっと笑えたかもな。
『問題ない』という回が一番面白かった。
やっぱあれ見るとコーヒーをのみたくなるね。タバコも吸いたくなるね。
そうタバコの本数を減らしたいんです。体に悪いから。
映画のように『コーヒーを飲むとき以外はタバコを吸わない』という約束を自分に課しても、コーヒーを常時飲んでればタバコが吸えるので、もっと体に悪いことになるな。
これはやめだ。
じゃあ『喫茶店でコーヒーを飲むときにはタバコを吸って良い』という約束はどうか?
→これはかなり限定されるな。喫茶店に行く時間は出勤前と、退勤後くらいしかない。職場は完全喫煙可。やばい。頭が狂う。仕事が嫌になる。
これはやめだ。
なら1日のコーヒー摂取量を決めればいいんじゃないか?
それだ!やっぱコーヒーとタバコのコンビは『最高』であるわけだから、それ以外のタバコの時間はそれに比べ劣るわけだ。てことはそれ以外のシチュエーションでの喫煙は無意味だ。出来れば最高がいいに決まっている。そして立て続けにコーヒーを飲むと俺は吐き気に催されるので、そんな一気に何杯も飲めない。
よし決めた。

『コーヒーは1日3杯まで飲んで良い。その一杯が無くなるまではタバコを何本吸っても良い。但し、それ以外での喫煙は、関谷が求める『最高』ではないので止めることにする。しかしそれに勝るとも劣らない、ライブ出番前のSEがかかっている瞬間は、タバコに火をつけても良いことにする』

これだ!
決めた!
これぞ関谷流、減煙法。

ではまた
関谷

© 2020 (the)beds official website