我何をもって尊し~京の都は絶景かな編

in diary

▼ここから本文を書く▼
2/21AM7:00。夜行バスで京都駅につき、拵えてきたしらす&わかめおにぎりを二つ程『喰らう』
そして徒歩で七条通り沿いの西本願寺、東本願寺を拝観。ネギ谷家は浄土真宗なので、旅の序章にいいかなと。
そして地下鉄烏丸線、東西線と乗り換え二条城へ。お城の中は本当に素晴らしい。豪華絢爛な雰囲気はなく、家康好みの質素な佇まいが印象的だ。狩野探遊の描いた襖絵も素晴らしい。途中米人の群に遭遇。異国の方々はとても背が大きく、拙者ただでさえ背丈が小さい故、小学生のようでござるよ。俺今年24歳。お城勤めの綺麗なお姉さんに心を奪われ、『ここって携帯使っていいんでござるか?』と余計な質問をしてみる。『ワラ』
そして一服をし、次の目的地へ、えーいもう回れるだけ回ったるぜ!二条城の近くにある神泉苑へ。桓武天皇が800年に遊び場として作ったらしいよ。後醍醐天皇も遊んだらしい。最初間違えて別館のお弁当屋さんに紛れ込みそうになる。献立表見たら一番安いお弁当が驚愕の6800円だったぜ。6800円あったら松屋の並盛り20杯くらい食えるぞーい…『orz』。
そして東西線、烏丸線と戻り、今出川駅で降り、京都御苑という国立公園で昼ご飯。残してあったしらす&わかめおにぎりを1つ『かっ喰らう』。そして地図を確認。
次は清明神社。陰陽師という映画で安倍清明という名は一躍話題になったが実在にいた人物です。魔除け、厄除け祈願の神社ということで、自分も含め、周りの人達の厄除けを祈ってきましたよ。
なんとなく近くにあった同志社大に入ってみる。立教大みたいな感じだなあ。無駄に文学部の掲示板とか見て冷やかし。授業は1人じゃ出来ないぜ!あばよっと。
そしてreefer吉田氏がようやく京都に到着。電話して西院という駅で合流することに、hagakureのメンバーが働いてるスタジオがあるんだそーな。俺はピ二ャ前にご挨拶ってとこだね。しかし京都人て面白いな。とにかく冷静にギャグを言う笑。大阪とは違う奥ゆかしさがあります。まあ偏見スカウター180000で壊れてフィニッシュといったところか…珈琲ごちそうさまでした~。
そして吉田氏念願の三十三間堂へタクシーでGO。途中運転手に三十三間堂の閉館時間を訪ねると、運転手は何を血迷ったかでかい交差点で信号を待ってたところ、いきなり外に飛び出し、トランクの中に忍ばせてあるであろう観光マップを取りに行ったのだ。おいおい!気持ちは嬉しいが、死んだらどうすんだよ!と2人でツッコミを入れつつも運転手は戻ってきた…。そして観光マップを片手に発信…おいおい…しかも観光マップそこそこ古い奴だったらしくて、最後まで自信なさげだったよ…『orz』
しかーし三十三間堂は最高だったね!まじびびった。二十八人衆の説明書き立て札全部読んじゃったもん、立て札見て像を見て立て札像を見てを60回以上繰り返したよ。ありゃ見応えあったな。昔の人は器用だな。風神、雷神て一周回って面白い作品だと思う。真似から別のものに変えちゃうのは日本らしいなって思うけど、ネーミングやたら単純じゃね?らしくないなーもっと小難しいもんが好きなんじゃないの?まあいい。とにかく見応えありました。
そしてそして歩くぜ歩くぜ!時間はただ今16:20!そうです。清水寺だ~三十三間堂から歩いていくことに、しかし道がわからぬ吉田氏のEZナビを使っても道がわからぬ!もう山を登るしかない!てな瞬間道を発見。私有地失礼、見なかったことに、抜ければそこは清水の舞台ではありませんか!
絶景かな~
感動だぜ!ちょうど夕日が沈みかけ!ああ飛び降りたい!
愛する彼女とその他のお土産を買いつつ、抹茶ソフトクリームゥゥェ!!!これは出発前に決めていたのだ。これだけはぜってー食うとな!
…ああ間違えたぜってー『喰らう』とな!
そして暗くなり、明かりの灯った祇園の街を見渡しながら、全てに感動!最早完全にミーハーである。なんでもよくなってきたぜぇぇ!遂に来ましたよー来ましたYOOOO!本日のメインイベント!
…と、ここまでが京都の街は絶景かな編でした。長らくお疲れ様でした。
ではまた
関谷

© 2018 (the)beds official website