異成人

in diary

先日は成人の日だったようで、SNSでその頃の写真をあげている方々をちらほら見かけてましたが、俺も気づけば16年前のことなんですね。成人式行かなかった人も、行った人も様々でしょうが、久々に会う友人とか、初恋の人に会えるとか、それこそ皆でお酒を飲んで話ができたのは非常に楽しかった記憶があります。

一番印象に残ってるのは、初恋の人は所謂「才色兼備」で「おしとやか」というタイプのイメージだったのですが、地元を離れて上京して本来の自分を隠さなくなったんでしょうか笑。非常に毒舌かつ冷静で、ある意味気持ちの良い女性に仕上がってましたね。若干の畏怖を感じたのを覚えています。

後は、自分の片方の目がものもらいだったな、と今思い出しましたね。

さして飲めない酒を飲みながらまだまだ大人とは言えない二十歳の頃の一幕。今年は成人式が出来ない人も沢山いたのでしょう。さして必要ないとも思いますが、素直に楽しんだり、つまらなかったと管を巻いたり、寧ろ成人式の存在すら忘れてたりと、みなそれぞれ話題にできることがあるのは悪くないんじゃないでしょうか。というくらい特に気に留めてませんでしたよ、わたしは。

では
また
ふじた

© 2021 (the)beds official website