春の章

in diary

久しぶり。
遅ればせながら2/11のIWASA GIGにお越しの皆様ありがとうございました。
脱退ワンマンという不慣れなことでしたが皆さんのおかげでなんとか無事行うことができましたこと深く御礼申し上げます。
当日まで深い言及も避けてきたのですが、やはり当日だだ漏れましたね。悔いはないですが、いよいよ解散ライブなどしたくないな。

ライブでも言いましたが2/11のライブをもってイワサは(the)bedsを脱退しました。
12年間という長い間(the)bedsの一員として一生懸命やってくれたと思います。
思い返せば沢山の時間を共有したと思うし、覚えていないことも沢山あるのだろうなあ。
イワサの脱退は苦渋の決断でしたが、(the)bedsが生きていくための大事な決断でした。悔いはなし。
ICE BOXというアルバムを作って、俺らが12年やってきたことの1つの集大成というべきものがある程度具現化出来たというのはあるんですが、これからのことを話し合った時にペースの合わなさを感じたことも大きい。

(the)bedsはまだ続いていきます。
無論新しいベーシストを探さなくてはいけないと思いますが、これからのことが楽しみになるように少しばかり時間を置いてゆっくり考えたいと思います。4/11~4/12と福岡の遠征ライブが2本入っているのでそこへはICE BOXをもっていきます。去年福岡行けなかったからね。組んでくれたDimDamDonkeyありがとう。ちゃんとベースを入れていくので安心してくれ。

それ以降は何も決まってません。考え中。まあやりたいことはなんとなくはあるんですが、しっかり見えてきたら曲作りも始めようと思います。今年は暖冬で、そろそろ春が来るなんて噂もありますから、それまでの少しの期間じっとしてようかなあと。地味にギターの練習でもしようかしら。

そんなこんなで俺がいた小学校の校歌の歌詞だけのせときます。
ちなみにうちの小学校は季節ごとに校歌が違うのよ。これは春の章

春の章(光山 樹太郎作詞/雨宮 伊之助作曲)

1番

緑の風が 越路の町をかけぬける
光る 光る 光るよみどり
きみも ぼくも みんな光る
ああ 希望の空を ふりあおげば
みんなの瞳の中に
未来が光ってる

2番

二つの川が 越路の子らをみつめてる
強く 清く やさしく いつも
きみも ぼくも みんな一つ
ああ 流れる水に よびかければ
みんなの胸の中に
力が湧いてくる

3番

はるかな道が 越路の明日に続いてる
土よ 草よ 小石よ 花よ
きみも ぼくも みんな仲間
ああ 遠くの山に つづく道を
みんなの足音が
元気に越えていく

では
また
ふじた

© 2020 (the)beds official website