バンド葡萄のつる

in diary

GRAPEVINEは中学生のころに、光についてとスロウを聞いて大好きになったバンドで大人になった今も相変わらず好きです。
メジャーデビューしてから22周年ということで中野サンプラザのワンマンライブに足を運びに行ってきました。
初めての中野サンプラザは所謂コンサートホールで、バインのライブは基本ブリッツとかゼップとかのライブハウスで見ることが多かったので中々新鮮な心地でした。

久々に見たバインは近年のスタンスは変わらず淡々と音楽を演奏していましたが演奏は緻密なのでそれをしっかり表現するという意識にバンドならではの美学を感じました。演奏中に時より見せるオマージュ的な遊び心も忘れていないのが堅苦しすぎず濃密で楽しい時間をより演出していました。

大好きなバンドでも解散してしまうと過去の思い出になってしまうんですが、バインは今でも続けてくれているので、続けていてくれる限りはずっと応援したいなと思っているバンドです。過去の曲でも、今演奏してるのを聞くとアレンジや音も違ったりしていて、曲が生き続けているのを感じます。自分が音楽をやっていたり、仕事をしていたりするというのもあるんですが、同じ看板を背負って続けていくってのは大変なことなんですよね。しかも日本のメジャーという限られた厳しい世界の中であれだけポップでマニアックな音楽を22年続けているGRAPEVINEは本当にすごいなと思います。ワンマンを見ながら自分にとってバンドとはどういうものか、どういうことであるべきか等余計なことも考えてしまいました。

GRAPEVINE /  スロウ
GRAPEVINE / 光について

では
また
ふじた

© 2019 (the)beds official website