”ICE BOX”セルフライナーノーツ、フジタ編

in diary

セルフライナーノーツでも書いちゃおう。
まずわわたしフジタから。

1.change
この曲はアルバムの中で一番最後に出来た曲。アルバムの1曲目をどうしようか悩んでた時に、これだ!って思うものがなくて、よし作ってしまおう!って感じでぎりぎりで急遽作った曲。ちなみにセッションから始まった曲ですひたすらi will changeと繰り返す疾走感が売りですが、実際ひも解くとすごい曲です。中々こんなのすぐ作れませんよ。

2.ZUBORA
これは2年前くらいからネタはあったはず。(the)bedsで変拍子の曲を世に出すのは初めて。歌詞の内容は「夜って最高だよね、愛おしいよね」って曲。サビメロが中々決まらなかったんだけど爽やかなJpopに仕上げました。Cメロのギターソロみたいなとこは誰かに弾いてほしいです。歌の符割と演奏の拍子が変なので演奏できるようになるまで時間がかかったし。そもそもレコーディングで沢山盛り込んだので、正直再現は難しいと思う。

3.calm down / slow down
これはハタさんがいた※第三期の(the)bedsの頃からネタはあった曲。※”アルバムICE BOXに寄せて徒然”のブログ参照。当時ハタさんが「なんかシングルっぽい曲が欲しいな」って言ってきて、じゃあ作るかって作り始めた曲なので、そんな曲だけど、ハタさんが抜けることになって、途中で頓挫した曲。テンポ決めが大変だったけど、今がベスト。やっと完成しました。

4.my generation fire star
これはベースから始まる曲欲しいなと思っててベースのリフを元に作った曲。これもお気に入りです。ある程度曲作ってる人なら分かるかもしれないけど、速い曲って格好よく作るの難しいんですよね。これはかっこいいでしょ。サビの歌詞はリハでなんとなくmy generationって歌ってたのをそのままにしました。でもTHE WHOの名曲とかぶっちゃうから、丁度地球から火星が見れるタイミングがあったのでfire starをつけました。とりわけ意味はないです。イワサの声がついに入りました。史上初。

5.thirsty
これはですねえ。UHNELLYSというバンドに影響を受けた曲ですね。演奏のリズムに言葉をのっけるリズム感や言葉のセンスが抜群で、ライブもそうなんですが、すごいなーと思ってずっとファンとして見てて、俺もやってみてえ!って思って作り始めた曲です。気づいたらハードロックになってました。サビでthirsty threeって歌うんですけど、これは(the)beds3人のことです。言葉をリズム良く音の響きも含めて詰めなきゃいけないし、意味も大事にしたかったので歌詞作業は相当時間かかりました。ほんと気づいたらハードロックになってたんです。これでいけるって思いました。

6.tayutau
これはネタはcalm down/slow downを作ってた時期にあった気がします。ギターやコーラスのアレンジはレコーディングで完成しました。かなりお気に入りのギターアレンジです。ちょっとサイケで、最後広がりのある感じを意識してました。Bメロのコーラスはヤマシンが高いキーで頑張っています。曲が出来てからなんか海っぽいなと思ったので、海を題材にしたためました。

7.100m
これのネタもcalm downとかの時だったと思います。だってイントロのダーダッ!ってとこ一緒でしょ?なんかクイーンのWe Will Rock Youのリズムで曲作ったことないなあと思って作りだした記憶があります。短距離が苦手で嫌いな少年の歌です。ぼやいたり、あえて蔑んだりするのはいいけど、じゃあ代わりになんか面白いもん見せてみろよって曲です。ちなみにわたしも短距離苦手で大嫌い。

8.UFO
washing lifeを出した頃に、わたしの実兄である関谷謙太郎と(the)bedsでライブやってくれと東京のロックレディオマザー中村貴子さんに言われて、じゃあ何やるよ?ってなった時に、お互いの曲やるのは勿論だけど、どうせやるなら曲作ろうよってことで俺が持って行った曲。3人になってこれは勿体ないからライブでやってこうってなって今回晴れてアルバム入りしました。ちなみに曲構成は何も変わってません。アレンジだけ変えました。グルビーでファンキーです。当時働いてた場所のテラスで油売ってたらUFO見ちゃって、初めて見たもんだから、テンションあがってそのまま書きました。信じるとかそういう問題じゃないんです。

9.URARA
これは3人でまたやってこう!ってなって最初に出来た曲です。アルバムの考想はこの曲から始まってます。最初のギターリフが大好きです。ハードロックとかメタルのリフって格好いいよなって思ってて作っちゃった曲です。何気に(the)beds的には新しい風が吹いてる気がします。春はゾンビが起きてくるんですよね~。

10.ジャンクメカ
URARAの勢いで作った曲。URARAがシングルカットだとしたらカップリングがジャンクメカです。こいつらはコンビです。タイトルだけずっと決まらず、レコーディング終わりでやっと決まりました。ジャンクメカ!ジャンクメカて。すげーネーミングセンス。お祭り曲です。

11.春の歌
優しい気持ちや悲しい気持ちになって作りました。個人的にはこのアルバムの中で一番好きな曲です。これはすごい。名曲。

12.No Yes
リハスタやライブでURARAとかジャンクメカとか春の歌とかtayutauとかthirstyとかやってて、どんより、せわしない、ざわざわする雰囲気にバンドがなってたので、ちょっともちょっと軽いやつやろうぜえってギターリフもその場で弾いて、みんなそのままセッションであわせて一瞬で出来た曲です。コードがAから始まるミドルテンポの8ビートってほんと気持ちいいんですよね。セッションから始まった曲はNo Yesと1曲目のchangeかな。こういう曲はお家芸です。

こんなとこです。 まあセルフ褒めなんでね、気悪くしないでください。
全曲ドラマあるなあ。作ったばっかりだけど、もう作りたくなってきたなあ。
次回のセルフライナーノーツはついに登場IWASA the comolic編。パパの登場です。お楽しみに。

では
また
ふじた

© 2019 (the)beds official website