撮影集合〜サナエ会

in diary

先日は撮影&打ち合わせということで久々にイワサも交えた3人で会うことが出来ました。
当初PVの本番の予定でしたがイメージが固まり切らなかったので、急遽別の映像作成に切り替えつつ、もう一度映像のeeteeさんと計画やイメージを練り直し。
映像も曲やレコーディングと一緒で納得出来ないものを出すわけにいかないので曲に対する細かい意思の疎通やイメージの共有がとても大事。
とは言え、他者の手が加わることによって自分達が作った曲が違う風に変化していくのも非常に面白いことだし、そもそも原曲をバンドに持っていった時点で、曲はわたしの元から巣立って行ってる感覚なので、どんどん成長していく過程を見るのが楽しくも、正すべきところは正すといった感覚でしょうか。
映像はあればいいってもんじゃないのでとても真剣な作業です。

久々に3人でも話すことが出来、今後の話や、サポートベースの進捗、どうしなければいけないか、などの突っ込んだ話をしましたが、中々ない良い機会でした。基本わたし達はあんまり話さないので、たまにはありです。
「バンドは音を出せばわかる」という誰かが言ったフレーズは、一理あるんだけれど、それだけではいけない場面も出てきますから笑。色々決めつつ解散。

そしてbedsを最近撮ってくれている佐藤早苗氏が写真家として独立することになり、それをお祝いする記念パーティーに遅れ馳せながら顔を出しに行きました。会場は渋谷のエッジエンドという老舗のDJバーで、会場入りした時には皆いい感じで出来上がっておりました。早苗氏を通してつながった人も多く、彼女の徳の深さは、写真の技術は勿論のこと、持ち前の直向きさや、忍耐力、人懐っこさから来ているんだろうなと同い年ながら尊敬しています。今回のイベントのコンポーザーでもあったYK氏にも感謝を。こういう会の幹事的立ち位置って大変なんですよね。ありがとうございました。

いい一日でした。
帰りに家系のラーメンを食べて帰ったのだけは、ちょっと失敗でしたね。

では
また
ふじた

© 2019 (the)beds official website