7月はもう、結構。

in diary

今年の7月は珍しく3本ライブやった。月に3本やったのなんて何年ぶりかしら。こういう時に曲が多いと楽ね。見にきてくれた方々ありがとうございました。初見でCD買ってくれたお客さんがちらほら、こちらもありがたい。是非これから(the)bedsのライブに顔を出して欲しいもんだ。8月は2本あるので両日よろしくお願いします。とにかくライブに遊びに来て欲しい。

久々なブログなわけだが、ブログを更新しないまんま梅雨があけてついに2014年夏が始まりましたな。こりゃハッピーだぜおい。(the)bedsは夏の間は曲作りに勤しむことでしょう。

来月で俺は長かった二十代と別れを告げるわけだが、楽しくも険しい二十代だったかな。1歳から10歳、10歳から20歳までを振り返ることなんてしてなかったんだけどね。よし、折角だし振り返ろう。俺の乏しい記憶力を見せ付けるとしよう。時系列。

2004年:大学生。学業はさておき、(the)bedsを組む。メンバーは俺、ヤマダ、ニシノ、アベ。呑んだら寝むくなり、のほほんと暮らす。恋に夢中だった。

2005年:大学生。学業は放っておき、(the)beds初ライブ、場所は渋谷屋根裏。

2006年:大学生。学業を疎かにしすぎたツケが回り始め懸念を抱く、が、(the)bedsはちょこちょこライブもやりつつ、初めての音源「going back home」を作成。今でもライブでやる曲は10曲くらいあるうちの4曲くらい。欲しい人はCDRに焼いてあげようかな。つって今探したけど見当たらない。

2007年:在学中渋谷屋根裏でバイトを始める。これはでかい。そしてその後、初期メンバーニシノ、アベが脱退。朝までファミレスで話した記憶があるが、昔のブログを辿ると合ってる。これも大きい。大学4年生。初めて感じた人生の転機。新メンバーにNYA-Zというバンドのマツダ、コウヘイを入れ(the)bedsで存続。何故か曲が全然作れなくなる。個人的にはこの時期が一番しんどかった。

2008年:コウヘイ、マツダが脱退。新たに、ついに現メンバー、イワサが入り俺、ヤマダ、イワサの3人で存続。秋に「別に」というタイトルの音源を一発録りで作成。初めての3ピースに日々奮闘。何度も音楽を辞めようと思った。そして、今までの人生で最高に金がない。とにかく金がない。

2009年:今までの人生で最高に金がない。とにかく金がない。が、「(the)」を作成。この作品をもってなんだか、少し自信が持てた気がした。なにより生活がすさんでいたし、毎日躁鬱が激しかっただけに、作り上げた時の喜びは一潮だった。今、振り返るべく久々に聴いてるけどその当時の感覚が蘇ってくる。胸が締め付けられる思いではあるが笑。(the)は今も販売中。下手だが、良い曲が多い。

2010年:任される仕事が増えた結果、所得が増えて、生活が楽になる。人員の移り変わりが激しく毎日イライラしていたように思う。酒を沢山呑めるようになっていく。だが、ここで人生の転機。俺の名字が変わる。色々変更登録が面倒くさかったが、一人前になりたいと思った。

2011年:仕事。東日本大震災が起こる。いうても仕事で精一杯。

2012年:仕事。思い出が記憶されていない。酒だけひたすら呑んでいたように思う。だけどこの時期から(the)bedsには新たにハタシンキチというギタリストがしばしばスタジオに顔を出すようになる。現サポートのハタ兄貴。

2013年:職場の閉店により職を失い、願ってもない休暇が訪れるが、どうも虚無感という奴にも襲われたらしい。不覚だった。そしてスマートフォンへのデビューをきっかけに人生で初めて足を怪我する。ながらスマホが原因だ。外傷もさることながら体調への不安が俺を襲い人生で初めて胃カメラ、大腸の検査を行うが、何事も無い。だがあれだけ好きだったコーヒーをやめた。何ヶ月か休んでいたが「やっぱ仕事しないと駄目かも」と仕事を少しずつ始める。この時期は専らグレイプバインの新譜しか聴いていなかった。そんな状態で(the)bedsは3年ぶりのレコーディングに着手。

2014年:(the)beds3年ぶりに「washing life one」「washing life two」という作品を2枚出す。初めてPVを撮影したり、精一杯の周りの応援を受けつつ、無事にリリース。縁あって初めて配信販売も行う。

 

 

さて

2014年8月になろうとしている。ウォッシングライフを発売してから半年が経とうとしており、(the)bedsを始めてから10年が経ち、上京して10年は経ち、そろそろ30歳。少しずつ時は過ぎており、その都度環境も変わり、考えることも変わり、疎遠になる人や最近親しい人やあれやこれや。頭の容量は日々一杯になっていき、日々クリーンアップですよ。無駄なものは圧縮し、デスクトップは一見整頓されているように見えるが、ハードディスクに入っている資料は様々な記憶を呼び起こし、つじつまを全て合わせるにはとてもじゃないが出来そうにないな。あ、今はPCでブログを書いている故。こんな感じです。どんどん変わって行ったんですよ。変わって欲しくないと望んでいた二十代前半、それを受け入れた三十前という感じでしょうか。

来る8月11日は30歳初のライブとなるわけだが、(the)bedsはいいライブをしたいと思うので皆さん宜しく。楽しみましょう。

 

ではまたふじた

© 2017 (the)beds official website