関谷謙太郎

in diary

今日は2/21のレコ発に出てくれる出演者の紹介。

関谷謙太郎氏の紹介。

関谷氏は2013年5月に自身が長年にわたって歌っていたバンドUNDER THE COUNTERを解散してから約10ヶ月ぶりにステージで唄うことになる。

まあそれはファンにとっても無論俺らbedsにとっても楽しみであるわけだが、当時の曲をやるかはわからないし、寧ろ全曲新曲かもしれないし、全曲カバーかもしれない、若しくは新しいことの挑戦としてトークショーかもしれない笑。そんな風に想像が膨らんでしまうのは仕方ないだろう。とは言え俺が望むのは関谷氏が客前で唄う姿。それが今回オファーするに至った1番の理由。もしかしたら関谷氏的には時期尚早だったかもしれない。でもそんなことはない。何故なら(the)bedsの3年半ぶりのレコ発記念ライブだからだ。そんなライブに出ないわけにいかないだろう笑。俺は知っている。ライブ当日に関谷氏がお客さんとして見に来ていたとしたら、きっと、俺も唄いてえな、って思いながらそそくさと1人家に帰ることを笑。きっと唄った後のあのなんとも言えない不思議な、所謂たまらないビールを飲んで帰れるよ。

 

あ、ちなみに今のはふりじゃないので悪しからず。

 

関谷氏の好きそうな言葉で言うならば

 

 

 

 

「じゃんじゃん好きにやってくれ」

 

 

ってこと。

次回はtape me wonderの紹介。

(the)beds3年半ぶりのレコ発2/21(金)の前売りチケットのご予約はmail_to_bed@hotmail.comまで公演日、予約のお名前、希望枚数、をご記入の上ご送信下さい。

ではまたふじた

 

© 2017 (the)beds official website