Big Urban City

in diary

終電を待っていたら人身事故で40分くらい遅延。
まっすぐ帰ろうと思っていた心は容易く折れ、思うこともあり単身呑み屋に乗り込む。
所謂一人呑みという奴だが、久しぶりな気がする。
500円で角ハイボールと鮪の串カツ。
壁と会話する時もあれば、このようにブログを書くこともある。
この30分が今の俺のささやかな幸せである。
「死ぬまでそんな風に思ってられるんだろうか。」とか、そういう無意味な自問というのも1人の時に与えられた特権かな。
等と考えてるうちに飲み干してしまったので帰宅。
雨が少し降っている。
無意味な問答をやめて、弾き語りのセットリストでも考える。
おりゃ!
では
また
ふじた

© 2017 (the)beds official website