9/8は泥の日

in diary

9/8はTHE NOVEMBERSとMEAT EATERSの2マンライブを見た。
ノーベンバーズを見るのは5年以上ぶり。
ミートを見るのは5ヶ月ぶり。
ミートは見るたびに震え、自分の音楽を考える。
俺が渋谷に棲みつくようになったのはREEFERとMEAT EATERSに出会ってからだ。
大好きな2バンド。
それを客席でみていたノーベンバーズ。
ノーベンバーズの彼らとは久々の再開。相変わらずだった。
まだbedsをはじめて渋谷屋根裏に出始めた頃、暗いバンドばかり集めたブッキングに出てた時に知り合った彼ら。
当時から艶のある人達だなと思っていた。
彼らは彼らで音楽をずっと作り続けている。
自分達の音楽を発展させていた。しかし変わらないものはにじみ出ていた。
色々考えた。というか思わざるを得ないような。そんな。
ずっと蓋をしていた粘着力のある泥を全身に行き渡らせるような、そんな心地のした夜だった。
歌詞が書けそうだった。
自分にとって素敵な夜だったんだなー。
では
また
ふじた

© 2017 (the)beds official website