はじめてみた夢

in diary

夢の話。
よく見る夢とかあるでしょ。
またあの夢か。的な
俺は結構眠りが深いのであんまり覚えてないのだけど。
昨日の夢は初めて見る夢だった。
「明日君は死ぬ。」
そう宣告をうけ、実家に戻ることにした。
前日は「明日死ぬかーそうかー」と、何もする気が起こらずとりあえず寝ていた。
そして夜が明け、朝に。
起床と共に隣の台所では母親が慌ただしく朝食を作る音が聞こえ、もう家族は朝食をとっている。
「今日が最後かあ」
低血圧のせいと、俺が消えてしまうという現実を目の前に力もなく小便をしに行く。
「これが最後の小便か」
と言葉に発した瞬間、涙がぼろぼろこぼれてきた。
あらら泣いちまった、まあしょうがないか、これも最後の涙だという奴だ。
だがこんな涙でぐじゃぐじゃな、子供のような顔を家族に見られたらきっともっと涙が出てしまう。
そう思い、なんとか堪えた。
その瞬間トイレの扉が空いた。
「わりい入ってる」
そう振り返ったら出社前のスーツ姿の親父。
親父はそのまま俺に近寄り、肩を組んできた。
慰めるつもりか、と堪えようとした。
しかし親父はポケットからデジカメを取り出し、俺と親父の顔が写るようカメラを向けシャッターを押した。
世間ではそれを「自分撮り」という。
「最後だからな~」
親父は笑って、それもう一枚と、二度目のシャッターを押した。
奥では順番待ちの学ランを来た坊主頭の兄貴と、エプロンをした母親がにっこり笑っている。
俺はわけがわからなかったが、せめて最後の写真くらいはいい写り方をして死にたいと精一杯顔を作った。
写真というのは顔を作ろうとすればするほど変な顔になるものであり、親父に「ちょっと確認をさせてくれ」、と撮った写真を見させてもらう。
やはりこわばっている。
「次は俺だな~」
と順番を待っていた兄貴が交代しようとする。
次こそは…と待ち構えた瞬間。
目が覚めた。
初めて見る夢だったから起きた後も覚えていたが、変にすっきりした。
夢の検証は気が向いた時にでも。
では
また
ふじた

© 2017 (the)beds official website