続く

in diary

休み。
家を出たのは餃子の満州とATMとレンタルビデオ屋に行くため。
のみ。
15時起床から30時まで家で映画みて歌詞かいてギター弾いて酒のんで飯作っての繰り返し。
こんなのもたまにはいい。
さっき風呂ためて入った。
風呂から出る際、たまには風呂に浸かったままお湯を抜いてみてもいいんじゃないかと思い立ちやってみた。
さながらドラゴンボールきどり。
「なるほどー」と1人謎の経験を済まし、今は風呂あがりで髪を乾かしビールを呑みながらタバコを吸いじゃがりこ枝豆チーズ味をぼりぼり。
歌詞も納得がいく感じで二番まで書けた。
まだ制作途中の曲だが二番までは迷いがない。
この後の展開に期待。
俺は今欲しいものが沢山ある。
要は物欲である。
引っ越してから、「ここにこれがあったらもっと牙城感でるな」とかそんな感じの様々なアイテムが欲しい。
例えば、風呂が前よりも抜群の勝負根性を持っているので、スノコを敷いて、ひのきの盥や椅子を用意したいところなのである。
それらを全て揃えるのが先か、東京に大地震が起こるのが先か結構考えている。
起こるものはしょうがないが、それまでに牙城を築いておきたいところだ。
建設中の城が天災により崩れてしまっては、「うへー」といった感情を抑えられない気がするからである。
俺はそれくらい器の小さい人間であることを露呈してしまう話だが、俺はそうだ。
所謂アーティストではない。
ただ曲を作るのは楽しい。
よく何年も続けている。
意味もなく。
意味は何も見いだせない。
ライフワークではないし。
何のためでもない。
生きる意味になど到底繋がらない。
曲を作る際に「俺は生きている」と感じたことなど1mmもない。
じゃあ何故作るか。
強いて言うなら「手軽」で「暇」だから。
起きて着替えなくても出来るし、寧ろギターなくて鼻歌でも。
手ぶらで出来る。
酔った席とかでも出来るし、洗い物してたって洗濯してたって出来る。
まあ要は暇つぶしなのである。
見たい映画館があればそっちのけで映画を見るし、会いたい人がいればそっちのけで会いに行く。
ギター抱えて唸る時間も好きだけど、基本は暇あるとき作ってる。
今日はもう弾かないとか決めたりしないし。
いつもダラダラギター弾いたり。
次の作品、いいもの作るぞ!
どーん!
では
また
ふじた

© 2017 (the)beds official website