初夢は水場に現れた大きな妖怪

in diary

初夢を見れた。
実家にて。
自分は突如妖怪みたいなのが見えるようになり、そいつらと戦う、というガンツみたいな夢。
俺の大事なエフェクターケースを巡っての謎の戦い。聖戦。
おそらく前日家で日本酒を呑みすぎて気持ち悪くなったからなんじゃなかろうか。
ふじたは1/4の昼頃新幹線で東京に戻ってきた。わずか二泊三日の短い帰省だったが色んな人に再会した良い帰省でござった。
無論わずかの休みで会いたい人全てに会えたわけじゃないが、暗黒高校時代の懐かしい面々に会えたのは嬉しかった。
特に高校時代に面白かった同級生が相変わらず面白かったのが嬉しかったなあ。
彼らはほとんど皆地元新潟に戻っている。寂しいような。
自分がもし実家に戻らなくてはならなくなった時に、彼らが地元にいると思うと心強い気もするなあ。
暗黒高校時代に毎日つまんねーよーつまんねーよーってヘッドフォンして音楽ばっか聴いて嘆いてた自分を救ってくれたのが彼らだったから笑。冗談じゃないんだけど。救われてたからな。
自分の人生の中で唯一社交性も、協調性も、全くなかった暗黒時代といいましょうか。
そんな自分を彼らが面白がってくれなかったら、きっと今とは違った。と思う。
そう思って彼らにはずっと感謝している。
そいえばfacebookのアカウントを作ってみた。
まだよくわかんないからなんともいえないけど。
mixiはてんで駄目だったから微妙だなあ。
少しは知らないと、と思いとりあえずアカウント作ってみたけど、ほんとに何やったらいいのかわからねえや。
まあ気長に。
つまんなくなったらすぐやめよっと。
今年の防寒対策はばっちりなふじたがお届けしましたー
では
また
ふじた

© 2017 (the)beds official website