ついに開城ドドン!

in diary

ついにアネックス城の跡地に、丸ブン丸ブン城がドドンと建った。
開城日が1/28だったので仕事いく前にタバコを買いに行くことを決めていた。数日前から!
そしていざ門を叩く。いざいざ!
なんと店前に野菜が沢山段ボールに積まれ、「全部100円!」とポップが貼ってある。
ほほう…前のアネックスが要町に住む人々の生活の基盤になっていたのは調査済みで、今高い野菜をドドンと100円で売っておる。。「うちは、普通の○ブンとは違いますよ、あなた方の暮らしの手助けをしていきますよ」アピールか!よく勉強しているじゃないか…。ただそれだけで掴みはオッケー等と思っているのではあるまいか?
鯨の肉はあるのか!?大きなおにぎりはあるのか!?自家製お新香盛り合わせは!?
アネックス城の跡に城を建てるということがどれだけ大事で大変なことだかわかっているのか?
それ以上の温もりを僕らに与えてくれるのか!?値段も質も!笑顔も!
と言った心の叫びをぐっと堪えつつも、なるべくこの土地に住んで8年になるんだぞ感を精一杯臭わせつつ、マルボロウルトラライトボックスを一個買ってその場を後にした。
ぺぺっと仕事する。
退勤後、家に帰る前にもう一度寄って城内の様子を一通り見て回った。
びっしりと「どうだ!」と言わんばかりに並べられた商品開城記念ということでセールをやっている。特に欲しいものが無かったのでなんとなく城を出る。
なんだかとってもしょんぼりしてしまった。アネックスが無くなってしまったことをやっと痛感。
家に帰って同居人に10分くらい感じたことをスピーチをして、部屋に籠り、今号をしたためている次第である。
もう書くことなんかねー!
では
また
ふじた

© 2017 (the)beds official website